CDC general store

柳本浩市 ARCHIVIST

柳本浩市 ARCHIVIST
  • 柳本浩市 ARCHIVIST
  • 柳本浩市 ARCHIVIST
  • 柳本浩市 ARCHIVIST
  • 柳本浩市 ARCHIVIST
  • 柳本浩市 ARCHIVIST
  • 柳本浩市 ARCHIVIST
  • 柳本浩市 ARCHIVIST

品番:boo102 4,400円(税込)

  • Amazon Pay
  • 楽天Pay

HOW TO ORDER

決済方法、納期、送料についてはこちらでご確認ください。



ITEM INFO アイテム紹介


2016年3月に急逝したデザインディレクター・柳本浩市。
本書は、2017年に開催された展覧会『柳本浩市展 “アーキヴィスト─柳本さんが残してくれたもの”』をまとめた記録集。
柳本浩市氏(1969-2016)の活動や思想を踏まえて組み立てられた展覧会を元に制作されています。
展覧会では、柳本氏をアーキヴィスト(ものを収集し、整理し、その価値を見きわめてアーカイヴをつくり、
未来へ発展させていく人)として捉え、彼の遺品を通してその思想と活動を伝えました。
会場では、柳本浩市氏が自ら整理し自宅に保管していた資料ファイルも公開。
来場者は実際に手に取って貴重な内容を見ることができました。
そこには多様な領域の記事や文献とともに、伝説的エアライン「ブラニフ」や過去のオリンピック関連の印刷物など希少でデザイン的価値の高い紙ものから、
世界各国のスーパーマーケットや郵便局などで入手した食品パッケージ、洗剤などの容器、配送用ボックスなどアノニマスな紙ものまで、
様々なアイテムを図書館のように分類と関連性をもって展示されました。
本書の出版にあたり、2017年の展覧会時の会場写真に加え、あらたに収集物の撮影を行い、
柳本氏が自ら遺した主要なファイルから一部を集録。
生前に柳本氏と親交のあった方々による寄稿文や氏のレクチャー「アーカイブ個人編集論」なども集録されており、
柳本氏のアーキヴィストとしての収集・整理・編集などの活動が改めて一望できます。
氏のコレクションがそこにあるかのような臨場感のある構成も魅力的で、
ページをめくる手が止まらなくなってしまいそうな一冊です。



[柳本浩市]デザインディレクター / アーキヴィスト
世界のあらゆるアイテムを所持するコレクターとして知られており、自身を「アーキヴィスト」と名乗っていた柳本浩市。
2002年に出版やプロデュースを行うレーベル「Glyph.(グリフ)」を立ち上げ、
出版や企業との商品開発、マーケティング、展覧会プロデュースなど、デザインに軸足を置きつつ多くのプロジェクトを手がけました。
彼は自身を「ものを収集し、整理し、その価値を見きわめてアーカイブを作り、未来へ発展させていく人」と語っており、
その手法としてコレクションを用いた展示はもちろん、執筆や、マーケティングなど多くの仕事を行っていました。
膨大な知識の持ち主でもあり、収集物と知識を生かしたいっそうの活躍が期待されていましたが、2016年3月に急逝されました。


ITEM SPEC 商品仕様

ブランド名 -
商品名 柳本浩市 ARCHIVIST
サイズ B5判変形/コデックス装
横188×縦232×厚み25mm
(ページ数)256ページ
素材
発行 柳本浩市展実行委員会
ギフトラッピング 対応いたします
備 考 表紙に使用しているチップボール素材は、季節や環境の変化によって反りが生じる場合がございます。
素材の性質として、予めご了承ください。
本をしばらく平らにして置いておくと、本の重みにより反りが軽減されて落ち着きます。

CHECK ITEMS 最近チェックした商品

CATEGORY
カテゴリー

ステーショナリー/デスクトップ

インテリア/収納

キッチン/テーブルウェア/フード

ホームアイテム/日用品

ヴィンテージ

ファッション